SeleniumBasicのインストールとか利用準備

Seleniumとは

WEBブラウザの操作を自動化するためのフレームワークでWEBアプリケーションの UI テストを自動化する目的で開発されたらしい

主な使い道としてRPA的にブラウザ操作を自動化させたりその流れでスクレイピングしたりとか

Java、Python、Ruby 等の主要なプログラミング言語で使える他、EXCELなどのVBAでも使える守備範囲でブラウザもChrome、Edge、Firefox、IEとこちらも完璧と言える守備範囲
※個人的にはChrome使えれば十分、と言うかChromeしか使わない

オープンソースで無料利用できるところも魅力の一つ

で、そのSeleniumをVBAで使えるようにするためのツールがSeleniumBasic(って認識でいいと思う)

インストール方法

インストーラーのダウンロード

↓↓からSeleniumBasicのインストーラーをダウンロード
最終更新が2016年3月と古くても問題なし

Release SeleniumBasic v2.0.9.0 · florentbr/SeleniumBasic
CHANGELOG.txt

インストーラーの実行

インストール前に一つだけ
ユーザーでインストールするか管理者でインストールするかで私は管理者でインストールしました
使用する上ではどちらでも大したは影響ないと思いますがインストール先フォルダが変わるのでご注意を

右クリックから「管理者として実行」


改めてここからインストール

最初の画面は無心で「Next」

ライセンス契約について
気になる人は一読してラジオを「I accept the agreement」移して「Next」

インストールする対象を選択
私は↓の通りですがお好みで

最終確認画面
ココにインストール先のフォルダが表示されているのでチェック
サンプルは管理者インストールなので「C:\Program Files\SeleniumBasic
ユーザーだと「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\SeleniumBasic

完了

ChromeDriverの更新

インストールした直後のChromeDriverだとVBAから怒られます
ChromeDriverの特徴として日頃使ってるChromeのバージョンに合わせたドライバーが必要で、初期のドライバーが古すぎてバージョンが合わないよってこと


まず今使っているChromeのバージョンの調べ方は
「Chrome右上の︙ → ヘルプ → Google Chromeについて」設定画面を開くと見れる

続いて↓↓から今使っているChromeのバージョンに合わせたドライバーをダウンロード
もしCurrent Releasesの中になかったら下部にも古いバージョンがあるのでそこからダウンロード

ChromeDriver - WebDriver for Chrome - Downloads
Current Releases If you are using Chrome version 105, please download ChromeDriver 105.0.5195.19 If you are using Chrome version 104, please download ChromeDri...

使っているPC環境に合わせてドライバーをダウンロード
Windowsは32bitも64bitもwin32でOK

ダウンロードしたzipを解凍すると「chromedriver.exe」が取得できるのでSeleniumBasicをインストールしたフォルダにあるドライバーを上書き更新

.NET Framework 3.5をインストール

.NET Framework 3.5がないとインスタンスを作ろうとしたときにオートメーションエラーが発生するので対応する


正攻法でMicrosoftのWEBサイトからダウンロードしてインストールする場合はコチラから

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=21

他に簡単な方法としてSeleniumBasicフォルダ内のScriptsフォルダにある「StartChrome.vbs」を実行してあげればエラーメッセージとともに.NET Framework 3.5のインストール画面が出てくるのでそのままインストールしてあげるだけ

既に.NET Framework 3.5がインストールされている場合は空のChromeが立ち上がってメッセージが出てくる

ちなみにStartChrome.vbsの中身はこれだけ

Set driver = CreateObject(“Selenium.ChromeDriver”)」で発生するエラーに反応して.NET Framework 3.5のインストールを促してくれるんだろうから「流石MS!」と思いつつ、「だったらVBAでもそうしてくれよ・・・」と不満を吐いてみる

Set driver = CreateObject("Selenium.ChromeDriver")
driver.Start
WScript.Echo "Click OK to quit"
driver.Quit

あとがき

VBAの場合はここまでやって利用準備完了

ChromeDriverの更新は結構頻度が高くて面倒なのでプログラムでチェックした方が吉

プログラム公開しているのでこちらからどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました